借金の時効はいつまで続くのか?

借金は、借りる際に決めた条件にしたがって返済していくのが社会における大原則ですが、その一方で法律を根拠として例外的に借金返済をしなくても良いとされているケースも存在します。その一つが、借金の時効が成立した場合です。

借金返済はいつまでもついてまわるものであると考えがちですが、実はお金を貸した側(債権者)が借りている人(債務者)に一定期間借金返済を求めてこなかった場合、債務者は消滅時効が成立していると主張することができ、これが認められれば以後は借金返済が不要となります。ここで重要となるのが一定期間とはいつからいつまでなのかということですが、これは最後に借金返済を行った日の翌日もしくは弁済期が終了した日の次の日を期間の始まりとし、一般の債権の場合は10年間、当事者に商法上の商人が含まれる場合は5年間となっています。

例えば、銀行や消費者金融からお金を借りた場合は、最後に返済金を入金してから5年以上貸主側から借入金の返済を求められなければ、借主は貸主側に書面で主張することによって借金を返済する義務が消滅します。しかし、これは理論上における話であり、実際には債務整理をする場合を除いて、銀行や消費者金融から借りたお金の返済が免除されることはありません。銀行や消費者金融ではすべての顧客の情報を緻密かつ厳格に管理しているため、返済の請求が長期間にわたって滞ることはありません。仮に返済を促すアクションがなかったとしても、必ず時効が中断もしくは停止をしていることを主張し、延滞している分の借金返済を求めてきます。

初心者でを利用した体験談キャッシング

カードローン比較を利用してみたのですが、初心者であっても結構簡単でした。
社会人になってから一人暮らしをするようになったのですが、引っ越しの費用などで貯金はすっからかんになってしまいました。
それでも社会人になったのだから、またここから貯金をしていこうと思ったのですが一人暮らしをすると何かとお金がかかるもので、また社会人というのは出費も多く思ったよりも貯金をすることができませんでした。
特に社会人になりたての時期はとにかく出費が多いので、赤字になりそうなことも多々ありました。

そして、ついに赤字になってしまう自体になりどうしようか悩んだ結果キャッシングを利用することにしたのです。
給料を前借りしても良かったのですが、入社したばかりでそのようなことを言い出すのも少し悩んでしまうところでしたし、前借りをするような奴だと思われては将来的に仕事がしづらくなってしまうと思いキャッシングを選ぶことにしました。

初めてのキャッシングに緊張しながら申込をしてみたのですが、特別難しいことはなく基本的に必要な情報を入力して終わりというものだったのですぐに申し込みはできました。
後はどのぐらいで審査が通るのかなと思っていたのですが、気づいたら審査結果のメールが届いていて一時間程度で審査を通過したようでした。
そこからすぐに店舗に行って取引をしてみたところ、その日の内にお金を手に入れることができたので助かりました。
返済はお金の余裕が無いだけに多少大変でしたが、金利の負担自体はそれほどではなかったです。